ハーブ系サプリメント

ハーブ系のサプリメントは、巷ではたくさん販売されていますが、ハーブ系サプリメントの認識より、ハーブを原料としているという意識が
高くて利用している人が多いようです。原料名が日本語名か英語名かによっても混乱しやすいと思います。
植物成分としてのサプリメントの事を実際にはハーブ系サプリメントとして摂取していますが、実はかなり前から家庭用の治療薬として
使われているものも多いのです。
代表的なのはオトギリソウです。焼酎につけたオトギリソウを、昔から日本では傷口に塗って消毒として使っていました。
また、乾燥させたオトギリソウを気分が沈みがちの時に煎じて飲んでいたそうです。
最近では民間薬として利用する事が減っていますが、ハーブはサプリメントとして有名になりました。
ハーブ系サプリメントでは漢方や薬草に使われている素材も色々ありますが、その中の有効成分を濃縮しているため、「とても効いた」と
感じる人と「逆に具合が悪くなった」という人とに分かれる事が多いようです。
病気を持っていて医薬品を飲んでいる人がハーブ系のサプリメントを摂取する場合は、飲み合わせに注意する事が大切です。
しかし、ハーブは天然成分なので、医薬品のような即効性はありませんが、過剰摂取しない限り、副作用の心配はまずありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加