「 2014年06月 」一覧

法人税20%台を目指す意図とは一体!?

安倍首相が少し前から進めている法人税20%台を目指す動きですが、来年から数年間で20%台を目指していくことが今日のニュースで明らかとなりました。

これは前から言われている動きですが、税収が少しでも欲しい今こんなことはしないだろうと思っていたのですが本当にするみたいですね。

ついこの間消費税が8%になり国民から批判を受けました。
そして、法人税を20%台に下げる動きを見せれば、なんで消費税を上げて法人税を下げるんだ!庶民に厳しい!などと言って結局批判されているんですよね。

首相とはなかなか大変なポジションですよね。

先ほども書きましたが、
税収が少しでも欲しいこの時になぜ税率を下げるのでしょうか。

これは、法人税率を下げることにより企業の儲けを増やし還元するという動きが一つ、もう一つは高いと言われている日本の法人税率を下げ海外から企業を招致しようという動きがあるんです。

確かに日本の法人税は高いです。
それから逃れる為に海外に会社を構える日本人も少なくありません。
それを無くそうという動きもある訳ですね。

なるほど…と言ったところですが、
本当にこんなことが実現するんですかね。

これが実現すれば雇用も生まれ、
給料も上がることは間違いありませんからね。

しかし、その分税収が減る訳ですから、
その部分はどう考えているのでしょうか。

これからの法人税20%台の動きに要注目ですね!
とにかく税率が下がる訳ですから、
こんな良いことは少しでも早く実行するべきです!

でも、これが成立する頃には消費税が10%になっている気も…
しないではないんですけどね…。